AIESEC in Japan セミナーシリーズ 「ライフネット生命の挑戦」in 京都編

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、ライフネット生命で企画を担当しています堅田です。

さて、去る11月25日、私自身が大学時代に代表を務めた国際学生NPO「特定非営利活動法人アイセック・ジャパンライフネット生命保険サイトの外へ移動します(新しいウィンドウが開きます)の京都大学委員会において、現役大学生メンバー向けに講演をさせていただきました(於 京都大学キャンパス)。当日の写真と共に、以下主催者のレポートを紹介させていただきます。

なお、本企画は社会人との接点を通じて、大学生メンバーの意識向上を図りたいアイセックと、これから社会に出る現役大学生との接点を強化したいライフネット生命の関心が一致した結果実現したコラボレーションであり、今後も全国各地で活動するアイセックのメンバーを対象に継続して講演を実施する予定です。


アイセック京都大学委員会の全体のミーティングにおいて、アイセックの先輩である堅田さんに、卒業後のキャリアにアイセックでの経験がどのように影響しているか、そして現在勤められているライフネット生命の挑戦について語っていただきました。

091125%E2%91%A0.JPG

バングラデシュやインドでのインターンシップの経験、また世界中の学生が集まる国際会議の様子、組織の長としての活動の話、どれをとっても非常に勉強になり、自分自身ももっとチャレンジすることが出来たのではないかと思いました。

その堅田さんが現在勤められているライフネット生命の挑戦に関するお話にも同様に感銘を受けました。創業者である社長の出口氏や副社長の岩瀬氏は数々の書籍で有名ですが、そのお二人と共に、企業として生命保険のこれまでの常識を覆しながら新たなチャレンジを続けている先輩の姿を見て、これがあるべき組織の姿ではないかと感じました。私たちアイセックも常にチャレンジを続ける組織でありたいと思います。

また、質疑応答では

  • ライフネット生命の今後について
  • 仕事を選ぶにあたっての考え方
  • 組織の一体感を生み出すためには?
  • コミュニケーション力を磨くには?

など、多岐にわたる質問に丁寧に回答して頂きました。このような幅広い質問に対しても堅田さんは様々な観点から回答を下さり、メンバーにとって大変な学びの場になったと感じています。

また、全体を通してアイセックの先輩である堅田さんのお話を聞いたことは、メンバーが自らのキャリアを考え、今後どのように行動をしていくかを考える一つのきっかけとなったのではないかと思います。

この度は本当にありがとうございました!

091125%E2%91%A1.JPG

※ アイセックは世界107の国と地域にグローバルネットワークを持ち、海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し発展させるプラットフォーム(場)です。世界最大規模の学生が運営する非営利組織として、国際社会を舞台に活躍しえる若者の育成に取り組んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る