AIESEC in Japan セミナーシリーズ 「ライフネット生命の挑戦」in 湘南台編

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

皆さま、あけましておめでとうございます。ライフネット生命で企画を担当している堅田です。

昨年12月16日、国際学生NPOアイセック・ジャパンライフネット生命保険サイトの外へ移動します(新しいウィンドウが開きます)の慶應湘南藤沢委員会を訪問し、大学時代に共にアイセックの活動に取り組んでいた辻(当社 事業開発部所属)と共に現役大学生メンバー向けの講演をさせていただきました。

当日の写真と共に、以下主催者のレポートを紹介させていただきます。


ライフネット生命の堅田様、辻様に、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスまで足をお運びいただき、御講演をしていただきました。

今回の講演では、ライフネット生命保険の挑戦について、また堅田様、辻様の学生時代から現在までのキャリアやその中における経験について、お話を伺いました。

091216_1.JPG

講演の中で、最も印象的だったのは、とてもわくわくした様子で、今のライフネット生命での挑戦について語られていたお二人の姿そのものです。現代の社会に対する挑戦にやりがいを強く感じていること、そしてお仕事を実に楽しんでいるということが、お話から非常によく伝わってきました。

私自身、生命保険会社には漠然と硬いイメージを持っていました。しかし、ライフネット生命保険における遊び心のある会社のPR企画の事例や、幅広い年代層の社員の方がいらっしゃりそれぞれ知恵を持ち寄っているというお話を聞き、多様なエネルギーあふれている会社という印象を持ちました。

講演における重要なメッセージの一つに、考えるよりもまずは動け!というものがありました。お二人は今までいくつかの企業を経験されています。様々な企業において働く経験という「回り道」をし、今のライフネット生命保険における挑戦にいきついているというお話でしたが、行く先それぞれの企業において得た機会に対し、全力で動き続けたからこそ取り組んだからこその今のお二人の姿があるのだなということを強く感じました。
ライフネット生命保険という企業からも、お二人のキャリア・働き方からも、「挑戦することを楽しむ」ということを多いに学ばせていただきました。

今回のご講演から、メンバーが今後のアイセックの活動の仕方、将来の働き方等を考えていく上でのヒントをたくさん得ることができたと思います。私も将来、楽しく挑戦し続けることを忘れずに働いていきたい、と強く思いました。
素晴らしいお話を聞かせていただき、どうもありがとうございました。

091216_2.JPG

なお、本企画は社会人との接点を通じて、大学生メンバーの意識向上を図りたいアイセックと、これから社会に出る現役大学生との接点を強化したいライフネット生命の関心が一致した結果実現したコラボレーションであり、今後も全国各地で活動するアイセックのメンバーを対象に継続して講演を実施する予定です。

※ アイセックは世界107の国と地域にグローバルネットワークを持ち、海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し発展させるプラットフォーム(場)です。世界最大規模の学生が運営する非営利組織として、国際社会を舞台に活躍しえる若者の育成に取り組んでいます。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る