AIESEC in Japan セミナーシリーズ 「ライフネット生命の挑戦」in 大阪(関西学院大学)編

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

皆さま、新年あけましておめでとうございます。

ライフネット生命で事業開発を担当している辻です。

さて、少々時間が経ってしまったのですが、昨年11月29日(日)、当社代表取締役副社長の岩瀬と共に、私自身が大学時代に副代表を務めていた国際学生NPO「特定非営利活動法人アイセック・ジャパンライフネット生命保険サイトの外へ移動します(新しいウィンドウが開きます)の関西学院大学委員会を訪問し、現役大学生メンバー向けに講演をさせていただきました。

主催者からセミナーのレポートをいただきましたので、以下に紹介させていただきます。


アイセック関西学院大学委員会にライフネット生命の岩瀬さん・辻さんがお越しくださり、ご講演いただきました。
岩瀬さんからは、ライフネット生命の立ち上げ前からのストーリーと現在の挑戦、そしてアイセックの先輩でもある辻さんからは、アイセックでの経験が今にどのように活きているかについてお話を伺いました。

091129_1.JPG

現在アイセックで活動し、「世界を平和にするためにはどうしたらいい?」「これから社会に対してどう働きかけていけばいい?」など、自分なりの世界との関わり方、自分の将来を模索している現役の大学生にとって、今後の道程を辿る上で灯火となるようなお言葉をいくつもいただき、大変多くの刺激を受ける機会となりました。

特に印象の大きかったお言葉として、「今描いている10年後の姿は想定とは変わっていくもの。今はなんとなくでも目の前の事をやっていれば自然と道は開ける。」などがあります。また、特にどんな仕事を選ぶかというお話に関して、お二人が

  • 魅力的な仲間がいること
  • 社会的な意義が感じられること
  • 「自分ならでは」が出せること

といった共通項を挙げられたのが非常に印象的でした。

091129_2.JPG

また、学生側からも

  • 実家の家業(農業)を継ぐことはチャンスと捉えるべきか?
  • 志ある人を見極めるポイントはあるか?
  • 日々の生活で習慣としてお二人が続けていることは?
  • どのように「軸」をつくっていけばいいのか?

などの質問が飛び交いました。

何歩も前を行く、大きな先輩たちの背中の大きさの理由を、少し実感させてもらえるような、そんな素敵な機会になったのではないかなと思っています。
この度は、本当にありがとうございました!

091129_3.JPG

なお、本企画は社会人との接点を通じて、大学生メンバーの意識向上を図りたいアイセックと、これから社会に出る現役大学生との接点を強化したいライフネット生命の関心が一致した結果実現したコラボレーションであり、今後も全国各地で活動するアイセックのメンバーを対象に継続して講演を実施する予定です。

※ アイセックは世界107の国と地域にグローバルネットワークを持ち、海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し発展させるプラットフォーム(場)です。世界最大規模の学生が運営する非営利組織として、国際社会を舞台に活躍しえる若者の育成に取り組んでいます。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る