AIESEC in Japan セミナーシリーズ 「ライフネット生命の挑戦」 at 慶應大学編

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、ライフネット生命で企画を担当している堅田です。

さて、去る2月8日、アイセック・ジャパンライフネット生命保険サイトの外へ移動します(新しいウィンドウが開きます)慶應大学委員会を訪問し、現役大学生メンバー向けに講演をさせていただきました。当日の写真と共に、以下主催者のレポートを紹介させていただきます。

100322_a.jpg

先日はライフネット生命の堅田様にアイセック慶應大学委員会のプランニング・キャンプにお越しいただきました。当日はメンバーのうち、主にこれから委員会の中で大きな責任を担うメンバー30名弱に向けて、"ライフネット生命の挑戦"、また我々の主幹事業である海外インターンシップが社会の中でどう活きてくるかという点に関してご講演いただきました。

正直まだ大学生の自分達にとってはあまり身近でないように思えた保険という商品、あるいは業界ですが、「保険業界に対して興味を持った」そんな声をメンバーから聞くことができ、また非常に勉強になったかと思います。講演の中でライフネット生命様の近年の勢いの要因などに関してお話をしていただきましたが、保険という1つの業界の中で自社の強みや、他との差異を明確にしたサービスを提供していた点に大きく魅力を感じました。

特に来年度、慶應大学委員会では自分達の強みを見直し、その独自性を追求していくことによって、社会に対してより大きなインパクトを与えられる様に活動していきたいという方向性を持っております。今回のご講演で伝わってきた堅田様の事業への熱意は、弊委員会のメンバーにとって大変良い刺激となり、よりアクティブに、よりがむしゃらに活動していく気概、そういったことも学ばせていただきました。

我々にとってこのような機会によって創出される学びの場は大変貴重かつ有意義な物となり、常日頃からメンバーが持っているニーズに沿う場となりました。今回だけでなく、今後継続してこのような場を設けていただけたらと思っている次第です。

また、今後とも微力ながらも我々がお手伝いできることがございましたらご協力させていただきたいと思います。この度は大変ありがとうございました!


なお、本企画は社会人との接点を通じて、大学生メンバーの意識向上を図りたいアイセックと、これから社会に出る現役大学生との接点を強化したいライフネット生命の関心が一致した結果実現したコラボレーションであり、今後も全国各地で活動するアイセックのメンバーを対象に継続して講演を実施する予定です。

※ アイセックは世界107の国と地域にグローバルネットワークを持ち、海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し発展させるプラットフォーム(場)です。世界最大規模の学生が運営する非営利組織として、国際社会を舞台に活躍しえる若者の育成に取り組んでいます。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る