AIESEC in Japan セミナーシリーズ 「ライフネット生命の挑戦」at 神戸大学編

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、ライフネット生命で企画を担当している堅田です。

さて、去る2月10日、当社代表取締役副社長の岩瀬と共に、アイセック・ジャパンライフネット生命保険サイトの外へ移動します(新しいウィンドウが開きます)の神戸大学委員会を訪問し、現役大学生メンバー向けに講演をさせていただきました。当日の写真と共に、以下主催者のレポートを紹介させていただきます。

100331_a.jpg

今回はライフネット生命様にお越しいただき、「起業」や「アイセックでの経験を社会でどう生かせるか」ということに関しての御講演をご依頼しました。当日は、岩瀬様からライフネット生命の設立やその後の苦難等の講演をしていただき、生命保険会社の実態や起業することの意味・難しさをアイセックメンバーが理解することができました。

外部参加者も数名おり、多くの学生にライフネット生命様の挑戦や事業活動をインプットしていただき、参加した学生も「学生生活の過ごし方」を見つめなおすきっかけになったと感じています。

また、堅田様からはアイセックOBということもあって、アイセック活動と社会の結びつきに関するお話を拝聴でき、活動をしていくメンバーにとって、アイセックの行う海外インターンシップの運営に対する意欲を持てる契機になりました。

メンバーからは、「起業するためにどんなことが必要なのか、どんな困難があるのかとうことが分かった」「生命保険業界に興味を持つきっかけになった」「アイセック活動を頑張ろうと思った」などの感想が出ました。今後もこのような機会があれば、ぜひお話いただきたいと思います。

アイセック神戸大学委員会委員長 神戸大学経済学部3年 清水裕介


なお、本企画は社会人との接点を通じて、大学生メンバーの意識向上を図りたいアイセックと、これから社会に出る現役大学生との接点を強化したいライフネット生命の関心が一致した結果実現したコラボレーションであり、今後も全国各地で活動するアイセックのメンバーを対象に継続して講演を実施する予定です。

※ アイセックは世界107の国と地域にグローバルネットワークを持ち、海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し発展させるプラットフォーム(場)です。世界最大規模の学生が運営する非営利組織として、国際社会を舞台に活躍しえる若者の育成に取り組んでいます。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る