EKIDENカーニバル東東京大会 参加報告

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、企画部の枡野です。
今日は、過去にエントリーのありました駅伝について、
ランニング部の活動報告をさせて頂きます。

私、長距離走は実はニガテ。
幼い頃は小児喘息で、マラソン参加はドクターストップがかけられていたこともあり、今もマラソンと聞くと少し憂鬱になるくらいです。


そんな私が、ランニング部の活動に参加しはじめたのは、
ずばり「ダイエット」目的でした(笑)
体を絞りたい一心で、ランニング部の『皇居ラン』に参加するようになりました。

はじめは皇居1周5キロだけでも足がガクガクになっていましたが、ランニング部が駅伝に出るにあたり、あと一人で4チームになるから、と説得され、私まで参加することに。。。

5月8日、快晴。
会場の荒川河川敷は、草木の緑や花々がとても爽やかでした。
驚くほどのカンカン照りで、気温は27度近くまで上がったとか。
ライフネットからは、4チーム16名が「ロングの部」に参加。
(全体ではなんと5,000人以上の参加者数とのことで、会場は見渡す限りランナー達で埋め尽くされていました!)

「ロングの部」は10キロ→5キロ→3キロ→5キロの計23キロ。
私は第4走者になりました(寝坊しそうだから、という理由で)。
そうすると待ち時間は割と長く、応援したり昼寝したり、優雅なものです。

スタートから1時間半が経とうとする頃、ようやく私の出番がきました。
タスキリレー場所は信じがたい混雑で、前走者を発見するのにも一苦労。
(約1,000人が熱気を帯びてひしめき合っていました)

私は河川敷のランニングというもの自体、初めてだったのですが、とても爽快で気持ちがいいものでした!
若い方からかなり高齢の方まで、思い思いのペースで楽しく走ります。
コスプレして走っている方もチラホラいて、まさにカーニバルの名の通り、お祭りのようです。

そうやって5キロを走り切り、ランニング部のみんなの声援を受けながら、なんとかタスキをゴールにまで繋ぐことができ、ほっとひと安心。
はじめは不安もありましたが、振り返ってみると本当に気持ちの良い大会でした。
主催者の皆さまに、そして誘ってくれたランニング部の皆様に、感謝です。

そして、走ったあとのこの一杯が、たまらなく美味しいんですよね!
110527.JPG


  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る