ふたたびお肉について

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

秋も深まりました。シカ肉の季節です。

以前このブログで紹介した、当社の裏部活である肉食女子の会は、コンスタントに活動を続けていますが、何と言ってもこのジビエの季節が本番です。
この前は、とあるレストランで、エゾ鹿とホンシュウ鹿の食べ比べをしてみました。

私は北海道で一時期を過ごしたわけなので、シカと言えばエゾ鹿です。
よく調べると、栄養学的にはエゾ鹿は夏~秋にかけてが脂が乗る旬らしい。

しかし、エゾ鹿猟が解禁になるのが10月1日なので、エゾ鹿が都内のレストランに出回るのは11月頃なのですよね。
ちなみに春先は脂が少なくなるので、捕獲されてもドッグフードにされたりするらしいです。

シカ肉なんて、臭くないの?と聞かれることがありますが、他の野禽類同様、臭くなる最大の理由は捕獲時に血が回ってしまうことによるそうですが、だから飼育鹿(ちゃんと養鹿業ってあります)がスキという方と、ある程度は野生のかほりがする、血抜きがきちんとした狩猟鹿が良い派もいます。私は後者ですが。

しかもシカ肉は高タンパクで低脂肪、さらに鉄分が豊富。
牛豚に比べてカロリーは2分の1で脂質は10分の1(Wikiより)なので女子の皆さんにはうってつけです。

と、今回ブログを書くにあたってシカ肉についていろいろ調べてみたところ、Wikiさんによると「生食にするとE型肝炎の感染源となる恐れがあるので加熱しろ」と。

なんと。結構な頻度でエゾ鹿タタキ食べてるよ・・・。

総務の川越でした。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る