ちょっとしたひと工夫

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

経理にとって、4月の中旬から5月の中旬は1年で最も忙しい時期です。
特に、経理部員として初の年度決算を迎える私にとっては、めまぐるしい1か月でした。
そうした事情でやむなく残業してしまうのですが、私は残業が決定した際に毎回ちょっとした意思決定に迫られます。
それは、下記の2択です。

①このまま夕食を食べず仕事を終わらせ、帰宅後ゆっくりディナーを楽しむ。
メリット:仕事の集中力が持続する。
デメリット:太る。
②いったん夕食をちゃんと食べてから、仕切り直して仕事をする。
メリット:体重の増加をある程度防げる。
デメリット:満腹感で眠くなる恐れがある。

かねてより、②のデメリットに苦しんでいた私は、今回の年度決算は①でいこうと決心しました。
しかし、空腹感というのは峠を越えると平気なのですが、そこの境地に至るまでの苦痛はなかなか耐えがたいものがあります。
そこで、毎日おにぎり(おにぎりは夕食とみなしません)やお菓子で空腹を紛わせておりました。
しかし、軽食というのは、その場しのぎに過ぎず、また次の空腹感が押し寄せてきます。
そうなると、なす術もなく、自分の食欲を恨みながら仕事をするしかありませんでした。

そんなある日の残業時、経理部長がチュッパチャップス(抹茶オレ味)を差し入れてくれました。
前にいつ食べたかも覚えてないくらい久しぶりに食べたのですが、口に入れて数分、今までの空腹感が嘘のように引いていくのが感じられました。
そうか、私に足りなかったのは糖分なのか!チュッパチャップスのように長時間糖分を摂取し続けられるものがあれば、魔の空腹期も乗り越えられる!!!
などと考えていると、あっという間にチュッパチャップスは口の中でなくなってしまいました。
ふとチュッパチャップスの棒を見てみると、
120607.JPG
フルートのような穴が空いていることがわかりました。
ん?なんのための穴なんだろう?
あ!もしかして!
チュッパチャップスさんに確かめたわけではないですが、私の仮説によると、飴が穴から棒の内部に流れ込むことによって、棒付きの飴にありがちな、途中で棒から外れてしまうことを防いでいるのだと思います。こんなちょっとしたひと工夫によって、チュッパチャップスは棒付き飴としての使命をその命が果てるまで全うすることができるのです。たぶん。

そう考えると、チュッパチャップスのように、世の中には、ほんのちょっとした工夫で画期的な製品になっているものが溢れていますよね。
ライフネットの保険も同じなのではないでしょうか。
誰もが感じていた、もっとシンプルでわかりやすい保険があればいいのに。という思いに対して、ネットで売れば保険料を安くできるんじゃないか?というちょっとした工夫(色々と苦労はあったと思いますが)で、画期的な生命保険(手前味噌ですみません)を作ることができたのだと思います。
大きな市場に大きな非効率があればそこにビジネスチャンスはある。と副社長の岩瀬が言っておりますが、確かに、誰もが感じている不便さを、ちょっとしたひと工夫で解消する時に、良い商品が生まれるものだな~としみじみ感じる今日この頃です。

ちなみに、その数日後、経理部長はチュッパチャップスを大人買いしてました。
120607%E2%91%A0.JPG
これで年度決算を乗り越えたといっても過言ではありません。

経理部 茨木

  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る