人生初の三重県巡り

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、広報の関谷です。

1年ほど前に伊勢神宮の式年遷宮が大きなニュースに、そして最近では来年のサミットが伊勢志摩の「賢島」で開催されることが決まるなど、話題続きの三重県。
その三重県に、今年、人生で初めて、訪問をしてまいりました。

きっかけは、親父、です。
60歳を過ぎ会社を定年退職した親父、さほど趣味もない親父が、仕事を辞めて唯一ハマったものが、三重県。親父が三重県を訪問して帰って来るたびに後日受け取る「土産(伊勢うどん)」と「土産話」、その影響でいつしか僕も、三重県に行ってみたいという欲求にかられ・・・。

さて、実際に三重県を訪問してどうだったか、感想はというと、
「人生一度は訪れてみてください。それだけの価値があると思いますよ」という言葉に尽きます。
具体的に何が良かったか、せっかくなので、3つほど紹介させてください。

【1つ目】伊勢神宮の早朝参拝
平日週末問わず観光客で混んでいる伊勢神宮に、あえて早朝、日の出のタイミングに行ってきました。(親父からのアドバイスで)
これが素晴らしく良かったのです。観光客が少なく、あたりは静寂に包まれて、人の声はほとんど聞こえず、「神域」と呼べる雰囲気。朝日が差し込む中でのお参り、みなさんにもおすすめです。
8%E6%9C%88%E3%80%80%E9%96%A2%E8%B0%B7%E3%81%95%E3%82%93.jpg
↓夜明け前のおかげ横丁も風情があります
8%E6%9C%88%E3%80%80%E9%96%A2%E8%B0%B7%E3%81%95%E3%82%932.jpg
【2つ目】清少納言ゆかりの名湯「榊原温泉」
実は、当社の会長の出口が三重県出身なものですから、出口に三重県のおすすめスポットを聞いたところ、紹介してもらったのがこの「榊原温泉」です。
全く耳にしたことがなかった温泉地、カーナビを頼りに向かうと、どんどんと山奥の細道に導かれる。到着してみると、そこは温泉街というよりは、村の保養施設のような雰囲気。お客さんも観光客はほとんど見当たらない。ということもあり、さほど期待せずに、入湯してみる。
すると、どうでしょう。お湯がしっとり肌にまとわりつく、不思議な泉質なのです。今までに体感したことのない質感の湯で、どうやら巷では「美肌の湯」と言われているようでした。伊勢からは離れた場所にありますが、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

【3つ目】三重の食
言うまでもなく、美味しい食がたくさんありました。
「伊勢うどん」「赤福」「的矢カキ」「伊勢エビ」。現地で食べるとより一層美味しいです。ぜひどうぞ!

余談ですが、三重にはしばらく行く予定ないよ、という人にも朗報があります。
当社が8月限定で実施しているキャンぺーンの商品が、三重県のブランド牛「伊賀牛」です!
三重県の牛と言えば松坂牛の印象が強いですが、この「伊賀牛」は、知る人ぞ知るブランド牛。
僕も食したことはありません。食べてみたい・・・。

魅力あふれる三重県、また訪問したいと思える場所でした。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る