一緒に働く仲間を募集しています

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

マーケティング部プロモーショングループの肥田です。
グループですが…現場の社員数は私含めて2名、部長を含めても3名です。

とある雑誌*の記事内で「宣伝部門のスタッフ数は、平均23人…最少は3人(ライフネット生命)」と紹介されて以来、手前味噌で恐縮ですが【自称】少数精鋭チーム!、と開き直っております。

8%E6%9C%88%E3%80%80%E8%82%A5%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%931.jpg
*2016年6月号「宣伝会議」
特集記事「大解剖!主要企業の宣伝部門プロフィール」より

さて、そんな【自称】少数精鋭チームの我々ですが、さすがにこの人数では業務推進が厳しい為、一緒に働く仲間を募集しております。
インターネットで生命保険を売っている会社のプロモーションチームですので、ネット広告に造詣が深い方を対象としております。

…が、個人的にはこれに加えて「ライフネット生命の企業理念に賛同してくれる方」を歓迎したいと思ってます。

当社は生保業界の中でも、お客さまからの「支持度」が高いのが特徴です。
その結果、サイト流入において単価の高い「生命保険・医療保険」等のビックワード経由が一般的なのに対して、当社の場合は「ライフネット生命」との指名検索経由が多くなっています。

これは、当社のマーケティング施策が「商品・サービスと企業理念をセットでプロモーション」してきたからであり、また創業者である出口・岩瀬の「起業の想い」を商品・サービスを通じて体現してきた当社だから実現できていると、自負しております。

ちなみに、私がライフネット生命に入社したいと思ったのは、2011年7月に放映された「カンブリア宮殿」で
「保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産み育てられる世の中にしたい」という企業理念や、
「もう一度、正しい道に、生命保険業界を戻したい」
という既存の生保業界に対する出口の発言に、感銘を受けました。

また、私は「生保と損保の差すらわからない」位に保険知識が無かったのですが…
「生命保険が生れた時代の商品のように、内容がシンプルで、コストも安く作られている。そのかわり、配当や解約返戻金や特約はない」
と、会社の行動指針に記載があったので、生保業界は未経験だけれども、難しい商品を売るのでなければ何とかなるかも…と思えたことも、転職を決意した理由の一つです。

ちょっと難しく行ってしまったので、平たく言えば
「ライフネット生命の保険に難しい商品はないから、保険の知識が無い方でも安心して応募してみてください」ってことです。
8%E6%9C%88%E3%80%80%E8%82%A5%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93.jpg
3人とも、保険業界未経験です。 
写真中央:部長の岩田です。社会人デビューはテレビ番組制作会社で、ADもやっていました。
写真右 :オンライン広告担当の本間です。前職ではソーシャルゲームのプロモーションがメイン業務でした。

お問い合わせ・応募はWebサイトにて承っておりますので、気になる方は、ぜひ覗いてみてください。※2016年8月10日時点では、マーケティング部プロモーションチームの募集記載が間に合っておりませんが…絶賛募集中です!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る