ファミリーキャンプのススメ

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、事務企画部の片田です。
2014年12月のブログ(公園での休日~子どもより大人が楽しむ)で、インドア派の夫婦が、公園でのBBQにハマっていく様子をご報告しました。
その後も、公園通いは継続しておりまして、今年に至っては、デイキャンプでは飽き足らず、とうとう泊りがけのキャンプに手を染めてしまいました。

12%E6%9C%88%E3%80%80%E7%89%87%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%93.jpg
初めてのキャンプは1泊2日で長瀞。河原で石を投げて遊んだり、ライン下りのお客さんたちに手を振ったりしてのんびりと過ごし、夕食はレトルトカレーで簡単に済ませつつ、初めてのたき火に挑戦。揺らめく炎を眺めながら、キャンプっていいな、と思ったのもつかの間、就寝後に雨に降られ、ドキドキしながらの一夜を過ごしました。

初めてのキャンプを終えてからは、予定の無い週末を探しては、ネットでキャンプ場の情報を集める日々。
場内に天文台があり、大きな望遠鏡で星を眺めることができるキャンプ場、娘の大好きなプールと日帰り温泉が隣接しているキャンプ場、オーナー手作りの露天風呂があるキャンプ場など、ウェブサイトでのクチコミを眺めては、予約を入れ、いろんな方面に、実際に足を運んでみました。
中には、とても水はけが悪いキャンプ場があって、うちのテントの前に、湖のような巨大な水たまりが広がっていたこともありました。テンションが下がる親を尻目に、娘は大喜びで入って行って水遊び。全身びしょびしょになりながら楽しんでいました。そんなハプニングも、それはそれで楽しく、いい思い出です。
12%E6%9C%88%E3%80%80%E7%89%87%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%931.jpg
海の近くのキャンプ場に行った際は、真っ暗な砂浜で波の音を聞きながら花火をしたり、海岸に朝食を持ち込んで海を見ながらピクニックをしたり。
テレビも何もない狭いテントの中で、トランプをしたり、思い思いに本を読んだり、他愛のない話をしたりしていると、21時過ぎには眠くなってきて、親子3人川の字になって寝るのも、またいいんですよね。
12%E6%9C%88%E3%80%80%E7%89%87%E7%94%B0%E3%81%95%E3%82%932.jpg
冬は、関東地方は天気のいい日が多く、また、キャンプ場が空いていて、キャンプ慣れした人たちにとってはいい季節らしいのですが、キャンプ初心者+寒がりの我が家は、まだ思案中。
春まで待つか、待ちきれずに冬キャンプにチャレンジするのか。楽しい悩みです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る