いまさら聞けないA5ランクの牛肉ってどういう意味?

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

テレビのグルメ番組を見ている時に、よく「A5ランクの牛肉」という言葉を耳にします。

なんとなくA5ランクの牛肉は最高に美味しい牛肉と思っている方も多いのではないでしょうか?実は、A5ランクは美味しさを表したものではないのです。

牛肉の格付けA5ランクとは?

牛肉のランクのことです。輸入肉は対象外です。外国産和牛も格付けはしません。格付けの専門員が等級「ランク」を決定します。

牛肉の格付けには、A、B、Cの歩留(ふよどり)等級と、5~1までの肉質等級があります。この二つを合わせてA5、A3などと評価します。

歩留等級とは?

歩留は牛1頭から皮や内臓をとったときにどれくらいのお肉が取れるかという割合を表す格付けで、

  • A 標準より良い (余計な脂が少なくたくさん肉がついているもの)
  • B 標準
  • C 標準より劣る (余計な脂が多く身が少ないもの)

と三つに分けられます。

肉質等級、BMS(牛脂肪交雑基準)とは?

BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード、牛脂肪交雑基準)と呼ばれる指標で、霜降り具合を評価します。牛脂肪交雑基準は霜降り具合のことです。

色のツヤ、肉のしまり具合、キメの細かさ、脂肪の色や質を総合的に見て5ランクに分けます。

  • 5.全ての評価が最高
  • 4.全ての評価が最高に少し足りない
  • 3.全ての評価が標準的
  • 2.全ての評価が標準に少し足りない
  • 1.サシがなく全てが足りない

A5ランクの牛肉の意味がわかったところで、今一度、和牛と国産牛の違いを確認しておきましょう。

和牛と国産牛の違い

和牛は日本の在来種をベースに、海外の品種・国内の品種と交配を繰り返して改良されたものです。

現在は「黒毛和牛」(くろげわしゅ)、「褐色和種」(あかげわしゅ)、「日本短各種」(にほんたんかくしゅ)、「無角和種」(むかくわしゅ)と4種類しかありません。

つまり、この4種類であれば、外国で生産されても「和牛」ということになります。中でも、黒毛和牛の飼育数が多く約9割を占めています。

国産牛とは、和牛以外の日本で生まれ飼育され国内で生産された牛肉ですが、日本国内での飼育期間が他の地域よりも長い牛は「国産牛」と呼ぶことが出来ます。

つまり、生きたままアメリカやオーストラリアから輸入して日本で3か月以上飼育されていれば「国産牛」となるのです。

国産牛と書いてある肉のほとんどは、ホルスタイン系もしくは、ホルスタインと別種を交雑させた肉だと考えても良いという事です。

ホルスタインはミルク用の肉。メスしかミルクは使えないので、食肉用に改良されていますが、元々食肉用として改良された黒毛和牛とは、やはり味が全然違います。国産牛は日本の牛と思っていた方も多いのではないでしょうか?

いかがでしたか?

A5ランクの牛肉の意味、和牛と国産牛の違い、わかりましたでしょうか。

A5ランクが絶対美味しいというわけではないこと、(ひとの好みによりますね)和牛と国産牛では全く違う牛だということ、これらを頭に入れてスーパーに行くとお肉の種類についてよくわかり選び方も違ってくると思いますよ!

以上、A5ランクのお肉を夢見る、お申し込みサポート部の古川でした。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る