とうちゃん作った話!

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

今回は、子育て世代を応援する当社らしく子育て関係の話にしました。
ただし、イクメン系の内容ではありません。

ここのところ、毎週火曜日はフレックス退社して、息子と二人で晩御飯を食べます。 で、彼が風呂に入って宿題を終えると寝る30分くらい前になりますが、その頃に大抵言われるのが表題のセリフです。

彼が小さい頃から、うちの奥さんが図書館等から仕入れてきた絵本や童話を寝床で「読み聞かせ」していましたが、自分も真似をして読み聞かせをしながら沢山の本に目を通している内に、だんだん子どもの頃好きだった物語のイメージが湧いてきました。
そこである日、本を読まずにその場の思い付きで適当な話をしてみたところ、なかなか好評だったので、しばらく自分オリジナルの話を続けてみた結果、毎週恒例の流れとなってしまった次第です。

色々な作り話を試してみた結果、子ども(少なくとも今のうちの息子)にウケる内容は以下あたりではないかな、と思います。
・一応世界観を統一(コアな登場人物は原則同じ。たまに外伝も交える)
・舞台は小学校
・王道系物語のストーリー展開(小説・漫画・映画・ドラマ等で特に面白かった部分や感動・友情・戦い等)をアレンジ
・本人がその時熱心に読んでいる本もネタに(イメージが付きやすいかも)
・小学生向けの下ネタ(男子には必須)
・登場人物同士の会話に感情を込めることで雰囲気を盛り上げる
・笑える失敗談(道徳や教訓にもなる?)
・たまに怖い話(あまり怖いと眠れなくなるので注意)
・展開上、難しい言葉を使わないといけない時は「この言葉知ってる?」と一応確認
・途中で「君ならどうする」と問いかけ、その答えで展開を変更する(様子を見ながら展開をどんどん変える)
・一応ハッピーエンドで締めくくる。続きがある場合も一旦切りの良いところで締める(でないと寝てくれなくなる)
・自分がワクワクしそうなストーリー(親子のハマるツボはよく似ている)

で、作った話の一部はコレ
・学校征服を企む魔の小学生と対決
・地球滅亡の危機を救おうとする超能力に目覚めた小学生
・小学生探偵(クラスで起きた問題を解決)
・遠足で行った山での恐怖の出来事
・バレンタインデーにモテようとして失敗
・宿題忘れや0点のテストをごまかす作戦(全て失敗に終わる)

「作った話」は延べ50話を超えていますが、色々な本等から拝借するネタはまだ沢山ありますので、しばらくは困らないと思います。(昔作った話は忘れてしまいましたが)ただし、大人に対してはとても披露できません・・・。

リスク管理部 織井


  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る