高尾山のビアガーデン

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

「私の話で恐縮なんだけど、旦那さんから誕生日にもらった予想外なプレゼントの話していい?」
先日、社員20人で高尾山のビアガーデンに行ったときに先輩社員のSさんが話してくれたことです。何気なく欲しいなとつぶやいたものを贈られて反応に困ったという話でした。聞いている方もそんな素敵なストーリーのあるプレゼントがあったなんて、と聞いていてほっこりしました。私はすごくあったかい気持ちになりました。

先月8月の末に社員のみなさんと麹町にあるオフィスからはるばる高尾山のビアガーデンまで行ってきました。片道1時間半ほどですが、個人的には私の自宅の近くで助かりました。(笑

高尾山口の駅に着くと、都会のビルだらけの町並みとは一変、自然の多い景色が広がります。気温も都心よりは1℃ぐらい低く、夕方の時間も相まって涼しいお天気でした。
ビアガーデンの会場へはケーブルカーで向かうのですが(登りません。文明の利器に頼ります!)、それもまた珍しい体験でテンションが上がりました。

そしていざ会場へ。

ビールは4大メーカーほか、海外の有名ブランドなどおいしい種類が勢ぞろい。ビール好きの私にとってはウハウハでした。お食事も野菜からお肉、ラーメン、おでん、焼き鳥、その他揚げ物、惣菜など多彩なメニューがそろい眺めるだけで幸せでした。

そこでも“あの人は、デザートから食べるんだ”“野菜ばっかり取ってる人がいる!”といろいろな発見があって面白かったです。そして乾杯する前に「乾杯の練習」といって先に飲んじゃう人もいて….

山から見下ろす夜景は、それはそれは奇麗で恍惚としました。

そんなうっとりした会場の中で冒頭のようなお話を聞き幸せな気持ちになりました。また、高尾山のビアガーデンに行く途中、今年4月の同じ時期に入社したWさん(私は新卒で、Wさんは30代のベテランサラリーマン)が「この前妻と久しぶりに食事に行って―」という話と、お子さんがいるのでお子さんたちの夏休み事情について話してくださいました。こちらも聞いていて私は家族って素敵だな、なんだかいいなとほっこりしました。

普段は仕事をしていてなかなかゆっくり話をする機会がありませんが、こうした機会に共に働いている仲間の人たちと交流することによって自分の中に影響を与える記憶となりそうです。

幸せな記憶は自分のなかにずっと残る。だから一瞬一瞬を全力で楽しみたいと思いました。

私はお客さまのことを一生懸命考えている一人一人の社員が憧れで自慢です。

それがもっと多くの人に伝わってほしいと思います。

以上入社1年目の日記でした。
9%E6%9C%88%E3%80%80%E6%BF%B1%E3%81%95%E3%82%93.jpg
お客さまサービス部 新契約グループ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る