母の日、花めぐり

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

5月のイベントの1つは母の日、母の日の定番と言えばやはりカーネーションですね。
先日の母の日には長女から鉢植えが宅配便で届き、次女は代表してプレゼントを手渡していました。一緒にセロファンにくるまれた一輪の造花のカーネーションもありました(購入したお店のサービスとのこと)。
母に対する子の思いに応えて、宅配便業者さんはどれだけの鉢植えや花束を配達し、花づくりの農家は何十万本(鉢)を出荷し、また何万トンが海外から運ばれるのでしょうか。
カーネーションの美しい花にちなんで、3月の終わりからの我が家の花めぐりを紹介します。
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93.jpg

今年の桜の開花は例年より早く、3月の終わりには名所の権現堂堤に満開の桜と菜の花を訪ねました。(写真は昨年の「三春滝桜」です。)
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%931.jpg
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%932.jpg
4月半ばに鉢植えの姫リンゴも咲き、秋に小さくてらてら輝く真っ赤な実がなります。
我が家では、毎年某寺院でご祈祷を受け護摩札をいただいています。境内の牡丹が満開で、藤の花も見ごろの4月の終わりころ伺っています。しかし、今年は開花が早く、牡丹も藤の花もほとんど終わっておりましたが、例年どおり草ダンゴはしっかり購入し、おいしくいただきました。(下の写真は満開だった年の牡丹です)
心を入れ替えて(?)遅れるより良いだろうと思い、早いかもしれないけれど山中に咲く、水芭蕉を見に行きました。連休中でしたが午後に出たら高速道路の事故渋滞はありましたが、思いのほか順調に目的地に着き、一泊後に霰の降る中を山間の湿地に咲く1万5千株の花々を見ました。冷たい水辺に咲く白い花々は気品を感じました。ついでに、山菜の豊富な土地でしたので、タラの芽、ウド、こごみ、行者にんにくなどの色々な山菜も購入し、天ぷらなどで春の恵みをいただきました。
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%933.jpg
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%934.jpg
実は、水芭蕉を見に行く3日ほど前に、桜と同じように今年は我が家の地植えの小バラも速く咲いたので、それではとバラ園に行ってみました。しかし、これは早すぎて2~3分咲き。2週間後の母の日前に再チャレンジ。公園ではバラ祭りが開催されており、色とりどりの300種類・5千株のバラが咲き誇っており、近づくと甘い香りも漂いそれは見事でした。
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%935.jpg
5%E6%9C%88%E3%80%80%E5%90%89%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%936.jpg
3月下旬から5月中旬までの花(とだんご、山菜)めぐりの記録でした。
次は梅雨の合間に、紫陽花の見ごろに出かけるのもよいかなと思っている、花めぐりがそこそこ好きな、監査部の吉野でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る