AIESEC in Japan セミナーシリーズ 「ライフネット生命の挑戦」in 八王子編

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

こんにちは、ライフネット生命で企画を担当しています堅田です。 さて、11月22日の日曜日、私が大学時代に代表を務めた国際学生NPO 「特定非営利活動法人アイセック・ジャパン」ライフネット生命保険サイトの外へ移動します(新しいウィンドウが開きます) において日本事務局を運営する現役大学生メンバー向けに講演をさせていただきました(於 八王子セミナーハウス)。当日の写真と共に、以下主催者のレポートを紹介させていただきます。

なお、本企画は社会人との接点を通じて、大学生メンバーの意識向上を図りたいアイセックと、これから社会に出る現役大学生との接点を強化したいライフネット生命の関心が一致した結果実現したコラボレーションであり、今後も全国各地で活動するアイセックのメンバーを対象に継続して講演を実施する予定です。

091122%E2%91%A0.JPG

堅田さんには朝早くから八王子の大学セミナーハウスに足を運んでいただきました。講演では、ライフネット生命保険の起業ストーリーや現在も続く様々な挑戦、堅田さん個人の学生時代に関してお話を伺いました。

参加したアイセック・ジャパン事務局のメンバーの多くは、来年の春から社会人となる4年生だったためか、堅田さんがお話された、社会人になるうえで大切なこととして、

  1. 言行一致
  2. スピード²×質量=影響力
  3. 調べる≠考える
  4. △「頑張る」→○「頑張り方を考える」

がある、というお話が、特に印象に残っているようでした。

また、堅田さんのお話の中で、アイセック現役時代の活動やバングラデシュでのインターンシップ経験、その後勤められた投資銀行時代の経験、そして現在のライフネット生命での活動を「活き活きとしたつながり」をもって紹介してくださったのも印象的でした。

その中でも特に印象に残っているのは、明るい話だけではなく、むしろ様々な失敗・挑戦のお話です。それらを「明るく、楽しく、元気よく」乗り越えてきたからこそ、今の堅田さんがあるのだろう、そしてそんな多彩なタレントが集い、日々挑戦を続けているのがライフネット保険なのであろうと、堅田さんのお話を通じて強く感じました。

今回の「ライフネット生命の挑戦」というテーマでのご講演を通じ、参加したメンバーはライフネット生命に関してだけでなく、チャレンジング・スピリットや挑戦を楽しむ気持ちを学ぶことができました。

貴重な機会をご提供くださり、本当にありがとうございました。

091122%E2%91%A1.JPG

※ アイセックは世界107の国と地域にグローバルネットワークを持ち、海外インターンシップ事業を通して、次世代の国際社会を担う学生が自己の可能性を探求し発展させるプラットフォーム(場)です。世界最大規模の学生が運営する非営利組織として、国際社会を舞台に活躍しえる若者の育成に取り組んでいます。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る