ハワイでトライアスリートになってきました

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

昨年11月、朝礼で5月のホノルルトライアスロンに参加することを宣言しました。
最初は2人で盛り上がった話も、いつしか6人でのチャレンジに。

大会まで180日。
まだ何の準備もしていないし、何よりも僕は太りすぎの状態。
でも、宣言したからには、徹底的にやりきるしかない。
120531.JPG

最初に、トライアスロン部としてブリーフィングを開催。
なぜこの時期に、この大会に出るのか?
そのためにどんな準備をすればよいのか?をプレゼンテーション。
かなり打算的に。いや、戦略的に。

トライアスロンは完走しないとトライアスリートではないと耳にしたので、
完走できないリスクを極限まで減らす。

・大会に申し込むこと
・会社や家族に宣言して、協力してもらうこと
・制限時間のない大会を選ぶこと
・海がきれいな大会を選ぶこと
・社内外の仲間と一緒に参加すること

すべてはトライアスロンのデビュー戦を楽しむために。


ここまでくれば、あとは自分の課題解決だけ。

とはいっても、大好きなスイムは泳ぎすぎで両肩を負傷するし、
バイクはスピニングのしすぎでいつも足がつっているし、
ラン嫌いは治らないし。

それでも、一緒にチャレンジする仲間がいたから
何とか心が折れずにいられた。

自転車の知識不足は、バイクメカニックスクールに通ってカバー。
油にまみれながら、BBのタッピングやホイールの振れ取りまで、
かなり専門的な内容で、バイクメカニックに認定された。

競技ルールを覚えるのも面倒だから、
審判講習会に参加して、第3種公認審判員にもなった。

さすがに、OWS検定とライフセービング資格は準備不足で断念。
120531%E2%91%A0.JPG
そして、5月20日。
ホノルルトライアスロン大会の日。
寝不足、緊張、体調不良、バイクトラブルなどいろんなことが起きたけど、
6人全員が無事にトライアスリートになることができました。

次の僕のチャレンジは、7月のトライスロン大会でマーシャルとして参加すること。
いろんな人の力を借りて、トライアスリートになったから。

トライアスロン部の杉田でした。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る