生命保険の解約・失効の時は良くお考えください

投稿者:
ライフネット生命 スタッフ

お客さまサービス部担当になった還暦社員の鈴木です。
契約の維持・管理や保険金支払の仕事をしています。保険料をいただいている口座から引き去りができなくなったりすると保険契約が失効することになるので、お客さまに連絡することになります。
自発的に解約したいとお申し出のお客さまもいます。色々ご事情はあると思いますが、生命保険を解約した後に発生する不利益に気が付いておられるか心配になります。

例えば、一度契約が失効したり、解約したりすると次に加入しようと思う時は年齢が上がっているので、多くの場合保険料が高くなります。それから、解約時や解約後に病気にかかっていると次の保険に入れなくなる可能性があります。また、個人保険から団体保険に乗り換える方は、転職するときは次の会社に団体保険がないかもしれないということにも注意しておく必要があります。

一度加入した個人保険は大事な財産ですし、契約期間中はどこにでも持っていけますからぜひ大切にしていただきたいと思います。
万一解約する時はぜひ保険を良く知っている方にアドバイスをもらって、気付かなかった不利な点がでないように、しまったと思うことのないようにしていただきたいと思います。

蛇足ながら、加入している保険は、生命保険も損害保険も、どんなことが起きたら保険金が支払われるのか一覧性のある形にまとめておくことをお勧めします。気がつかないと請求もできませんから。

新しい仕事で日々発見の連続です。皆さまのお役に立つレポートをしたいと思っています。

  • このエントリーをYahoo!ブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加する
  • このエントリーをBuzzurlに追加
  • このエントリをLivedoor クリップに追加
  • Twitterでつぶやく

ページの先頭へ戻る